目立つところにお金をかけると言う事

皆様こんにちは!ブレイクです!

このブログを見ていただいているお洒落に興味のある同世代の方々は、ファッションを考える時に、何に投資しますか?
これは私が勝手に推測して考えているだけの事ですが、おそらくネクタイやシャツなどトップス、あるいはジャケット等のアウターを考える人が多いのかなと思います。

しかし!どうも違うようなのですね~。

もちろんトップス等に敏感になるのも大切なポイントであると思いますが、それよりもまず「先端」なのですね。
要は「一番先端に来る目立つところ」が大切である、と言う事らしいですね。

具体的に言いますと、まず頭(帽子)、そして首(ネックレスとか)、そして手首(ブレスとか)、そして最後に足(要は靴)なのですね。

なぜそうなのかって?それは目立つから!!!その一言に尽きるようです。

靴を中心にお話を進めますが、帽子やネックレス、そしてブレスなんかは、正直一部のお洒落に興味がある人以外はあまり一般的ではないと思います。でも、靴はどれだけお洒落に興味がない人でも目が行きやすい所であると思うのですね。

私は中学生ぐらいの時から親にこれを教えてもらいました。靴は綺麗にしなくてはいけない、履いている靴をみればその人間がどんな感じの人かある程度想像がつく、ってな感じですね。

そしてMBさんも同じような事を仰っています。

先ほど書きましたように、先端に来る部分は目立つから、と言う事なのですね。

私は週末に、仕事で履いている革靴は磨いています。汚れた革靴を履いていれば、自身がとてつもなく惨めな感じになってしまうのですね。(これは私の場合ですが)

靴の話を中心に書いてしまいましたが、次に来るのは何か?先ほど首や手首の事も書きましたが…。
手に持つ「カバン」だそうです。

いや、分かりますね。

手に持っている、背中に背負っているその「カバン」、これもまた目立つところなのですね。

全身高級そうなスーツ、コートに身を包み、かなりお洒落に気を使っているのだな…と言う人を見かけ、あ、この人お洒落だな…。なんて思った時、その持っているカバン、そして履いている靴があまりに汚く愕然とした事がある人(特に女性の方)は、少なくないのではないでしょうか?

したがいまして、やはりお洒落男を目指すには、そう言った目立つ部分への投資、配慮が大切ということになりますね。

お洒落男は目立つところに投資する、ここまで書いて似たような法則を思いましたした。

私ね、とある国家資格の勉強に取り組んだことがあり、(合格しました)その時に教えられたことなんですが、合格するには試験に出るポイントを勉強すれば良い!って事なんです。
当たり前ですよね。
100あるうちの80以上出る問題が解ければいい、これって、先ほど書きましたお洒落と思われるには80以上の目線が行くところをおさえればいい!って事と似ていますよね。
普段着ている服はユニクロでもGUでも良い!そこに誰もが目につきやすい、カバンや靴で高級感あるお洒落なものを身に付ければ、その人はお洒落!になるのです。

この思想をもっと掘り下げていきたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA