スーツ量販店の思い出

皆様こんにちは!ブレイクです。

さて今回は思い出話シリーズ!、と言ってもそんなメニューは特に作ってはいないのですが(笑)
タイトルの通り、スーツ量販店で経験しました、お客と店員、そして私自身のお話を書いてみたいと思います。

今から10年ほど、あるいはそれ以上前のお話になるのですが、私がまだMBさんなど何も知らない時代の事ですね。今となっては全然なのですが、当時は普通にスーツ上下で出勤する事もありました。なのでスーツ量販店(アオキさんや青山さんなんかですね)にはよく足を運び、色々品定めしたものでした。

ある日、そんな私が店内の商品を見ておりましたら、店員さんから声がかかりました。

店員:「お客様、そちらは若年層向けのものになりますよ!」
私:「あ…そうでしたか…」。

私が見ていたのは店員曰く「若年層向け」だそうで、見た感じかなり細めなシルエットのものであったと思います。
当時はまだお洒落になんの知識もなかった私は、「そうなのか…。スーツにも若者、おっさん、色々ある訳だな」。なんて素直に感じたものでした。

店員さんは続けて、「お客様でしたらやはりこの辺りかなと」。と言われましたのでそのジャンルの方に行きましたが、確かに柄などを見ますと、当時アラフォーだった私に相応しいデザインのスーツがあったような気がします。ただシルエットに関しては、そのジャンルの中にもスリム系のものがありました。当時は確か、「モテスリム」なんて言って、トレンドだった気がします。

その売り場で、私と同世代の男性が、奥様と思われる人と一緒にスーツを見に来ておられまして、店員さんと会話をしているのですね。その会話と言うのが…。

店員:「これからはスリムフィットなスーツがトレンドですが…」。
客:「う~ん…、やっぱり今までと同じ着慣れたものがいな…」。
店員:ちょっと苦笑いし、「あははは…、いや~やっぱり着慣れたここちって重要ですね…」。
客の妻:「あなたのスーツなんてこれで良いんじゃない?」
店員:「アハハ! ね~やっぱり着慣れたものが良いですよね…」。

そんな会話をしていたのを今でも結構ハッキリ覚えています。

私はその時、そのスリムなスーツのパンツを1着試着してみたのですが、かなり細くて驚いた記憶があります。
「うーん…、さっきの人が言ってたこともわかる気が…」

その時は何も買いませんでしたが、しばらくして後にスーツを買う事になり、その時はそのスリムな、初めて試着した時には驚いた細目のものを購入したのですね。
と言うのも、時代がすっかりそうなっていたからなのですね。

ファッションのトレンドを取り入れる時、初めてってやぱりちょっと躊躇する自分がいるのだな…と、その時気が付きました。ある程度世間に浸透して、それが当たり前になってやっとそのトレンドを取り入れる…。その時はすでにトレンドじゃないかもしれんが、なんですね。

MBさんが紹介されてるアイテムでも、例えばユニクロ、あるいはGUでトレンド感先取りの○○と言うものが出ました!なんて紹介されて、だったら一度試着しに行こうと思いしてみたら、「うわー俺にはちょっと合わんわ」なんて思ったりするんだけど、しばらくたてば「あの時なんでそう思たんだろ」なんて感じたりすることが正直あるのですね。

別に流行(トレンド)を気にする事を肯定する気はありません。しかしお洒落に興味があるなら、やはりトレンドの物を1点でも盛り込んでおく、そしてそれが「俺にはどうなか…」なんて思ったりしても、そんな事気にしなくていい。だって自分はトレンドを着ているのだから。

そんな風にトレンドを少しだけでも取り入れ、お洒落親父を目指したいですね。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA