え?もうコート?のお話

皆様こんにちは!ブレイクです。

さてさてタイトルのお話、今年も言われてしまいましたよ…(笑)
※まず私の住んでいる地域は三大都市圏の内の一つで寒冷なところではありません。

急に寒さが強まってまいりまして、特に朝の出勤時はけっこう冬の服装でも良いんじゃない?と言うぐらいの気温になりまして、私としては早速昨年購入しましたユニクロユーのステンカラーコートを羽織って出勤したわけです。
コートと言ってもまだがっつり真冬のウールコートではなく、綿とポリアステルの素材の物ですね。丈は膝より下まであるものですが。

職場にはロッカールームがありまして、そこでそのコートを脱いでハンガーにかけるわけですが、同僚のおっちゃんに「え?もうコート?」と、不思議そうな顔で言われました(笑)

このシチュエーション、人は変われど毎回この時期に経験するんですが、どうも10月のこの時期に「コート」を着ると言うのが異様に見える人が多いようで。パターンとしてはあまり服装に興味がない人がその発言をされることが多いのですね(笑)

私はこれを言われるのが毎回面白くてたまらない。ファッションに興味がある方ならお解りいただけると思いますが、お洒落な人はやはり若干季節を先行した服装になるものです。つまりこの発言をする人はファッションに興味がない人、悪く言えば「ダサい人」なんです。

まだまだコートなんて着る季節(寒さ)じゃないだろう、と言う思考であると思いますが、それこそ結構寒さも本番になってきているのにいつまでもジャケット一丁とか、夏場であればかなり暑くなってきているのにいつまでもスウェットとか、ダサいとい言われる人ほど周りの環境が完全にそうなるまではその季節の服装をしづらい傾向にある気がしますね、(なんでかな?)

以前、10月7日に書きました記事で「コートをいつ着るか、の話」と言うのを書きました。

コートをいつ着るか、の話 | 50代男 MBロジック実践記 (m-break.com)

まさしくここで書きましたように、やはり自分が一番に(一番と言うのも違うのですが…)その服装をしてしまうと言う事に変な自信のなさが来るのであるのかなと思います。
が、別にそれはそれで良いのです!私は何もそのように感じる人を変な人と言いたいのではありません。

私はファッション好きですので、この様に感じるお話をしてみようと思ったのと、私の同世代のファッション好きな方はどのように感じられるか興味があったので記事にしてみました。

それではまた!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA