そもそも話 50代男性のファッション

皆様こんにちは!ブレイクです。
このブログは50歳の私が、同世代男性の方々に向けて自身のファッションや買った物、興味あるものなどを書き込んで進めてみようと立ち上げたブログな訳ですが、そもそも50代男性のファッションに対する意識ってどうなの?という所を改めて考えてみたい、今回はそれがテーマです!

今はインターネットと言う便利なものがございますので、何か疑問があればそれで検索さえすればすぐにある程度の答えなるものが出てくるわけでございますが、ネットで検索して出てくる答えだけが正解と言うような単純なものでもなく…ですよね。しかしながら一個人が街に出て行ってランダムに50代らしい人に声をかけて、あなたにとってファッションとは?なんて統計取るのも非現実的ではあります。となりますと、ある程度はネットから拾う情報を頼るしかないと言う結論になるわけですが…。

そこで面白い情報が拾えましたので、一部紹介したいと思います。ポイントのみ抜粋して紹介してみます。

①中年男性(40~50代)の90パーセントはファッションに興味がない。
②中年男性(40~50代)の80パーセントの妻が夫のファッションに不満。
③中年男性(40~50代)が単独で服を買う率が約35パーセントである。

と言う事らしいです。これはある程度予想はしていましたが、面白い結果ですね。

まず①ですが、10人いて9人までが服装に興味がないと…。うーん、このブログを読んでいただいている皆様も残りの一人と言う事ですよね。
②の奥さんが夫のファッションに不満であると言う点ですが、一番多い奥様方のご意見が「センスがない」だそうです。この「センスがない」ですが、これが結構幅の広いニュアンスであり、ではセンスが良いとはどういうことなのか、となりますね。
③ですが、中年男性が単独で服を買いに行く率が低い、つまり嫁さんと一緒に買いに行って、嫁さんが選ぶものを着ていると取れるかもですね。なんか小学生時代に親(大体はオカン 笑)なんかが買ってくる服を着ていると言った感じでしょうか?

どうも推測するに、歳を重ねるごとに着るものを考える事が面倒になるって感じですね。なぜ面倒になってしまうのか?ここがポイントですね。でもね、これMBさんもおしゃってましたが、衣食住と言う言葉があるように、現代人が生きていくうえで着るものって絶対必要じゃないですか。ってまあこういう書き方してますが、食べるものにこだわらない人もいるし、住むところにこだわらない人もいるわけで、簡単そうで難し話ですね。

ここまで書いていて、一つ思い出したことがありました。あのアップルの創業者スティーブジョブズ氏の言葉です。ジョブズ氏曰く、「自分には重要な決断が他にもたくさんあり、服を選ぶことで頭を悩ませたくない」、つまり生きていくうえで時間をかけて判断しなくてはならないことがたくさんあり、服を選んでいるのは時間の無駄、と言う事ですね。
なるほど、よくわかります。


この例をあてはめますと、40~50代の男性は妻子もいる人が多く、他にお金も色々かかる。職場では管理職、あるいは経営者であり、毎日色んな事に時間を取られていて到底着るものなんか考えていられないよ、だから嫁さんにまかせとこーって感じでしょうか。
私はこれを全く否定しませんし、そうなっちゃうって気持ちもすごく分かります。

しかしながらやはり人は見た目で判断しがちです。これは私が勝手にそうだと言っているのではなく、説明なくてもお判りいただける事かと思います。例えば顔や頭ににタトゥー入っている人が銀行の窓口なんかにたとしたら、そんな見た目の人にお金を触らせたくないでしょ?(笑)まあ究極の例ですが。

やはりある程度は服装にも興味があったほうが、人生は楽しくなるのではないか、そう思うのですね。これは私がそう思うだけでこれが正しいと言ってるのではないですよ。それに嫁さんやその友達に、〇〇さんのご主人、いつもお洒落ね!!なんて言ってもらえたら男としてめちゃ嬉しいですよ!!

下手な文章で、面白さにはまだまだ欠けるかもしれませんが、私は同世代の方々に向けてこのブログで50代を中心に服(見た目)に気を使っていただけたらと思います。
少しでも服装に興味がある方に、このブログがぶち当たってくれたら嬉しいです!

それではまた!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA