他人目線を考える

皆様こんにちは!ブレイクです。

今回はタイトルの通り、「他人目線」を考えてみたいと思います。
なんだか偉そうな感じですが(笑)、お洒落をテーマにしたブログですので、MBさんもよく仰っておられる他人目線はやはり外せませんね。

単に服装の話からまいりますと…
このブログでもよく鏡(姿見)に自身の姿を映した写真を載せていますが、ああいった姿見がなければお洒落にはなかなかなれないそうで。
私も初めは「そんなもんかね~」なんて思ったものですが、これがMBロジックを意識し、積極的に自身の姿を見るようになり意識は完全に変わりました。

30代半ば頃だったかな…
当時付き合っておりました彼女と遊びに行き、携帯で写真を撮られるわけですが、その写真に写った自分が、あまりにかっこ悪いと思ったものです。
え、俺って写真でみたらこんなんなの?もっとイケてると思っていたのに…。なんて思ったのです。
彼女に聞けば、「いつもと同じよ」。と言われますもので…。
どうして写真に写る自分と、普段髪の毛を整えているときに見る自分と、こんなに印象が違うのかな…。
そうなんです、髪型をセットしているときって、上半身しか見ていないのですね。だから写真で全体が写った時に、いつもと違う…と言う印象になっていたのです。まあ私の場合ですけどね。

もちろんそれだけではなく、当時の服装はYラインもIラインもAラインも何も知らず、単純に好きなロゴの入ったもの着たりしていただけですので、その辺の関係もあると思いますが。

彼女にそういわれていると言う事は、他の人もみな自分の事をこんな風に見ているのか、見えているのかと気づき、さっそく姿見を入手し全身を見ることにしました。
その後、MBさんの存在を知り、いろいろな記事を読んでいくわけですが、そこでMBさんが「姿見」がなければお洒落にはなれない、そして他人目線になることが大切であると仰られており、お!俺が気づいた事をかかれているではないか!と有頂天になりました。

そこでもっと深く、ファッションはもちろんですが、喋り方とかふるまいとか、そんなところも他人目線を意識すれば、それは自己啓発につながるなと思い始め、意識して行動しています…。

行動しているつもり…かも…。(苦笑)

50男が今更何言ってんだよ!と突っ込まれそうですが、まだまだ修行していきますよ!

それではまた!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA