そして黒スキニー

そしてまず教えてもらった事、それが「黒の細見パンツ」黒スキニーと言うものでした。

MBさん曰く、「トップス」(シャツとか上半身に着るもの)と言うのは印象を変えるもの、そして「ボトムズ」(下半身に履く、パンツの類)と言うのは印象を整えるもの、と言うのですね。

さっそくやってみました。

DSC_0411

これがその「黒スキニー」を履いたところですね。分かりやすくするために、トップスには黒のTシャツ、シューズはアディダスのスタンスミスを履いています。

そして次の写真がMB氏の記事に出会う前に履いていたデニムです。これまでの記事でも触れましたが、もともとB-BOY系が好きであった私はストカジ系の太いデニムを履いていました。これは言うほど太くはないですが、裾が長すぎて足元でクシャっているのと、やはり全体的にカジュアル感が強く、先ほどの黒スキニーとの違いは歴然ですね。

DSC_0412

いかがでしょう? 単にボトムズを変えただけでお洒落と言う意味での印象はかなり変わったと思います。

ん?そんな事ないよ、下の写真のデニムもそれはそれで良いんじゃない?と思っていただいた方、ありがとうございます。そうですね、好みはもちろん人ぞれぞれですので、この黒スキニーがお洒落の絶対ではないと思います。

ただMB氏もおしゃっておられましたが、日本人は欧米人に比べて頭も大きく華奢な身体ですよね。白人さんや黒人さんがしている服装がかっこよくて、自分もそのままの服装したら全然違うわ~ってご経験ありませんか?

私もそうで、この「黒スキニー」の存在を教えられた時は本当に驚いたのでした。そしてこの黒のスキニー、シルエットにもかなり影響することも気が付いたのですね~。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA