そもそもお洒落な感じって

そもそもお洒落な感じって、なんなんでしょうね?

一番初めにも申し上げましたが、私はもともと音楽や映画に影響され、黒人さんのいわゆるB-BOY系と言われる服装が好きだったのです。

例えばナイキのエアージョーダンとかですね。

誤解しないでいただきたいのですが、何もこの靴がダメだって言っているわけではありません。

ナイキの有名な靴を履いているとか、有名な、誰もが知っているブランドの服を着ているのがお洒落なのかと思っているふしが、少なからずありました。まあ、全てではないんですけどね。

コムデギャルソンをきているからお洒落、TAKEO KIKUCHIを着ているからお洒落、特に80年代なんかは大きなDCブランドロゴの入った服を着ている人なんかもたくさんいまして、「お、〇〇のジャケットやん、お洒落!」なんて言った会話をきかされたものです。

上のイラストの様な感じですね。

もちろん皆が皆こんな服を着ていたかといえばそうではないですが、かなり多かったのは事実であると思います。

しかし、そこにはシルエットとか、カラーとか、素材の概念と言うのは全くなく、ただ単にブランドだからお洒落と言っているわけで、今考えたらすごい感覚であったと感じずにはいられません。MBさんの記事を読みながら段々とその本質が見えてきたのでした。

うむ…、今までの俺の感覚は「お洒落」とは程遠いよな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA