まずは私の事から

私はもともと黒人音楽が好きなのです。R&Bとかラップとかジャズ、ブルースなんかですね。あと黒人の出てくる映画なんかも好きで、好きな音楽や映画からその音楽をする人、あるいは俳優の服装をしたいって気持ち、あるじゃないですか? 例えばヘビメタ大好きだったら、金髪のロングヘアにしてメタパンはいてみたりとかね。まあ、そんな感じで、ラッパーのような服装を好んでしていた訳ですね。

まあ上の絵のような感じです。このイラストは夏場の服装で描いてみましたが、靴はティンバーランドのイエローブーツ、トップスは大きめのTシャツ、それも胸にはスポーツメーカーのどでかいロゴとか、他はグラフィカルな柄が入っていたりしたものが多かったのです。

でもね…、30歳過ぎたあたりから、いつまでもこれでいいのかな…なんて気持ちが出てきたのですね。

友人に話してみますと、「気にしなくていいだろ、好きな服装しようぜ~」。なんて意見ももちろんありましたが、やはり同じように感じている人も少なくなく、特に「キャップ」ですよね。スポーツチームもののキャップなんてかぶっていると、マジで子供と同じだなとも思うようになってきたのですね~。

そして一番気になったのが、やはり女子受けでございます。

とにかく女子受けがよろしくない。

まわりのモテている男どもを見ていますと、大体はジャケットをきっちり来ているとか、いわゆるキレイ目な服装が多いのですね。それでも、どこかで聞いた「日本人は地味好き民族」「サラリーマンはこぞってドブネズミスーツで通勤している」なんて馬鹿にしたような声も頭にありまして、自分はそんな風に思われたくない、アメリカンな、派手な色の、地味好き日本人ではない服装こそがおしゃれなのだ、なんて観念がまだ少なからず残っておりました。

そんな時、何気に「お洒落な服装」なんて感じで検索をしていると、一人の人物の記事にたどり着いたのでございます。

これからどう進んでいくのでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA